北九州を中心に福岡県東部の新築・中古住宅購入者のための住宅診断・検査
インスペクション(住宅診断)に関する無料相談受付中!
メールでのお問い合わせはこちら
093-982-1044 受付時間 9:00〜18:00 夜間/土・日・祝日対応可

耐震診断

お問い合わせ

耐震診断

耐震診断概要

古い木造(軸組工法)住宅は耐震性能が低く、耐震対策を的確に行うには、耐震診断が重要になります。耐震診断により的確に問題点を把握でき適正な補強計画が行えます。

弊社は建築物の構造設計、構造計算、構造解析や耐震診断・補強設計を専門に行っている構造設計事務所です。

構造設計事務所は代表が構造設計一級建築士の有資格者であることがほとんどです。

構造設計一級建築士事務所は平成31年度4月1日現在で9,986名(日本建築士会連合会)しかおらず、専門的な資格となっております。

※北九州市を中心に福岡市や久留米市など県内全域対応

対象となる建物

軸組み工法又は枠組みで2階建て以下の木造住宅。壁工法による戸建て住宅。

メリット

耐震診断を行い耐震基準適合証明書発行で、以下のメリットがあります。

  • 住宅ローン減税が受けられる
  • 建物に対しての固定資産税が半額
  • 登録免許税が減額
  • 不動産取得税が減額
  • 地震保険10%の割引

対象エリア

北九州市を中心に福岡市や久留米市といった福岡県内の市町村対応。
また、下関市や中津市といった県外エリアの一部地域にも対応。

耐震診断補強工事における補助金があります

▼クリックで詳細がご覧いただけます▼
(北九州市の耐震診断補助金概要)


▼クリックで詳細がご覧いただけます▼
(福岡市の耐震診断補助金概要)

チェックするポイント

・目視や触診、診断機器により屋根・外壁・室内などの劣化状態を調査
・床下及び小屋裏へ侵入しての劣化調査
・非破壊検査機器による鉄筋探査

〇外部調査
基礎 コンクリートのひび割れ、欠損、劣化などの確認
外壁 ひび割れ、欠損などの確認
軒裏 ひび割れ、欠損、雨漏り跡などの確認
屋根 破損、ずれ、ひび割れなどの確認
バルコニー 防水層のひび割れ、劣化などの確認
〇内部調査
ひび割れや劣化、沈みなど確認
雨漏り跡、ひび割れや劣化などの確認
天井 雨漏り跡、ひび割れや劣化などの確認
床下 コンクリートのひび割れ、欠損や木材の蟻害、腐朽などの確認
天井裏 構造材の劣化、欠損、雨漏り跡などの確認

オプション(劣化状況による)

〇耐力が不足していた場合の補強計画
〇耐震基準適合証明書作成業務(上部構造評点が1.0以上の場合に限る)

住宅診断・住宅検査の依頼は弊社にお任せください

検査報告書の作成・報告

〇検査報告書の作成・報告

・昭和56年5月以前の基準で建てられた建物は耐震性が不足している可能性が高いため、耐震診断や耐震改修・建替え等に補助制度があります。

料金

サービス名 料金(税別)
■耐震診断(木造軸組み、ツーバイフォー2階建てまで) 70,000円〜
・壁の強さや壁の配置、劣化度、柱と壁の接合部分等を目視・調査機器による非破壊検査にて耐震診断を行います。詳細な調査項目としましては屋根の重さ・壁の材質・筋かいのうむ・劣化状況(基礎や外壁のヒビ割れ・雨漏り)など多岐にわたります。
■補強計画 50,000円〜
・耐震性に問題がある場合は住宅の耐震性を高めるための補強計画を建てます。
■耐震基準適合証明書発行費 30,000円〜
・耐震診断により耐震基準を満たしている場合のみ発行できます。耐震強度が不足している場合は別途耐震改修工事が必要となります。
※耐震基準適合証明により住宅ローン減税が受けられお得になります。

 

耐震診断とは?

耐震診断とは、建築基準法で定められた「耐震基準」にもとづいて建物の耐震性をチェックすることです。

耐震基準に適合していなかった場合は、耐震性を高めるために必要な改修工事の内容も計画されます。

耐震診断には診断費用が発生しますが、建物の状態や築年数、診断のレベルによって金額が変動しますので、実施する際は前もって相場を知っておきましょう。

耐震基準とは

「耐震基準」とは、大型地震に耐えうる建物が満たす基準のことで、『建築基準法』の中で定められています。

耐震基準は、大型地震が発生するたびに地震の被害状況を反映させながら何度も改定されており、現行の耐震基準は1981年6月1日の建築基準法改定時のものが使われています。

耐震診断で行われる作業

耐震診断の内容は

  • 予備診断(簡易診断)
  • 詳細診断

に分かれています。

このうち詳細診断では、

  1. 一次診断
  2. 二次診断
  3. 三次診断

という三段階のいずれかが建物の状況に応じて行われます。

予備診断とは

予備診断では、建物を現地調査して、一次から三次までの診断レベルを判定します。

図面との照合や機器を使った試験などによる建物の耐震性判定は、この後行う一次~三次診断で行われます。

一次診断とは

一次診断では、建物の図面や過去にその家で行われたリフォームの内容にもとづいて、建物を解体せずに耐震性を調べます。

注意点として、一次診断では「壁の大きさや量」で建物の耐震性をチェックするため、梁と柱で構成された「軸組構法」の家では正確な診断結果が出ない恐れがあります。

二次診断とは

二次診断では建物の一部を解体して部材の耐久性を目視し、壁だけでなく柱も踏まえて耐震性を計算しますので、すべての建物で一次診断より正確な診断結果を出すことができます。

三次診断とは

三次診断では壁や柱に加えて、梁の強度も耐震性の計算に加えます。

ただし、ほとんどの建物は二次診断で正確な耐震性が求められるため、よほど複雑な構造の建物でない限り、三次診断まで行われるケースはまれです。

耐震診断とインスペクションの違い

住宅の性能検査としては、耐震診断の他にも「インスペクション」があります。

どちらも家の検査という点で共通しているように感じてしまうかもしれませんが、両者には明確な違いがあります。

耐震診断が耐震性の検査であるのに対し、インスペクションでは設備の不具合や施工不良といった耐震性以外の部分が検査され、耐震性はあくまでもオプションで簡易に検査されます。

従って、「インスペクションを済ませたので、耐震診断は必要ない」とはならず、インスペクションを済ませた家でも、補助金申請等で「耐震性能証明書」が必要な場合は、耐震診断を実施しなければなりません。

住宅で行う耐震診断費用の相場

耐震診断の費用は診断レベルによって費用差があり、精密な検査が必要になるほど診断費用も高くなって行きます。また、建物の構造材によっても費用差が出ます。

※…記載している診断費用には耐震改修工事の費用は含まれていません。耐震改修工事を実施する場合は別途工事費用が発生しますのでご注意ください。

耐震診断のレベル別・診断費用相場

  •   予備診断…約1万円
  •   一次診断…約30~200万円
  •   二次診断…㎡あたり約2,000円
  •   三次診断…㎡あたり約3,000円

建物の構造別・診断費用相場

  •   木造住宅の耐震診断費用相場…1棟あたり約15~30万円
  •   RC造住宅の耐震診断費用相場…㎡あたり約300~2,000円

※RC造の住宅は、マンションやビルのように建物の階数が木造住宅より多い傾向にあることから、一棟あたりではなく㎡あたりで金額を記載しています。

耐震診断を済ませておくべき家の特徴は?

以下に該当する家では特に、耐震診断を済ませておくと良いでしょう。

また、インスペクションも同時に実施しておくと、耐震性も踏まえた総合的な家の強度を知ることができます。

1981年6月以前に建てられた家

先述の通り、1981年6月は建築基準法の耐震基準が大きく改定されたタイミングで、この日付以前に使われていた耐震基準は「旧耐震基準」、現行の耐震基準は「新耐震基準」と呼び分けられています。

従って、1981年6月以前に建てて一度も耐震改修工事を実施していない家は、現行の耐震基準に適合していませんので、耐震診断の必要性は非常に高いと言えるでしょう。

重い外装材が使われている家

家は重いほど地震の衝撃を受けて揺れやすいため、家財の落下や転倒の危険性が高くなり、強い揺れで壁や柱、梁といった構造材にもひび割れや金具の破損といったダメージが生じやすくなります。

下記に該当する外装材が使われている家は、耐震診断を実施するか、インスペクションで外装材の劣化状況を調べ、必要に応じて軽い外装材にリフォームしても良いでしょう。

重い外装材の例

  •   屋根…日本瓦
  •   外壁…タイル材、レンガ材

軽い外装材の例

  •   屋根…スレート
  •   外壁…サイディング(特に金属系)

過去に家の増築が行われた家

建築後に後から増築を行うと、建物の強度バランスが崩れてしまうことがあります。

通常、施工業者を通じて増築を行っていれば、建築確認申請をクリアしたうえで施工されていますので、耐震性や強度を心配する必要はありません。

しかし、専門業者ではなく持ち主がDIY等で増改築している場合、建築確認申請が行われていない可能性が高く、建物の強度や耐震性が損なわれている恐れがあります。

壁や天井が少ない家

建物を支えているのは何よりも「壁」であり、そこに天井が加わることで縦横の強度バランスが保たれています。

つまり、壁や天井が少ない家ほど、地震の揺れを受け止めきれない可能性が高くなります。

ビルトインガレージや大きな窓などがあって、四方の一か所だけ極端に壁の量が少ない家や、大きな吹き抜け構造で天井が少ない家などは、耐震性に注意を払った方が良いでしょう。

耐震診断を依頼する際の注意点

耐震診断も耐震工事も、決して安い金額で気軽に行えるものではありません。

相場内で確実に耐震リフォームを行うためにも、業者選定のポイントや補助金情報なども知っておきましょう。

耐震診断は信頼できる業者に依頼しよう

建物の耐震性は、建築に精通した専門家でしか正確に調べられません。

耐震診断を行う場合は必ず、自治体などの公的機関が紹介している建築事務所やリフォーム会社に任せましょう。

「無料」の耐震診断は信じないこと

「当社で耐震改修工事をすると、耐震診断費用が無料になります!」とアピールする業者がまれにいますが、耐震診断は非常に高い専門性と労力を伴う作業です。

とても無料で行えるようなサービスではありませんので、無料の耐震診断は避けておきましょう。

耐震診断費用が無料になると聞いて、耐震改修工事を前提に診断を頼んだところ、無駄な工事を増やされ高額な改修費用が発生したばかりか、診断費用も結局工事費用に上乗せされていたという事例もあります。

耐震診断の相見積もりを取る

耐震診断を行う際は、2~3社に耐震診断費用の相見積もりを取りましょう。

見積もりを比較する時は、合計金額だけでなく工事内容にもしっかり目を通し、見積もり計算の根拠まで業者に説明してもらうことが大切です。

見積もりの結果、耐震改修に緊急性がなく、設備系統の不具合など他の箇所に劣化が多く見られた場合は、インスペクションに切り替えても良いでしょう。

自治体の補助金も活用しよう

お住まいの自治体によっては、耐震診断費用の補助金が出る所もあります。

自治体によって条件は異なりますが、補助金を利用するためには、

  •   1981年6月以前に建てられた家であること
  •   自治体指定の業者に診断を依頼すること
  •   居住用の家であること

などの条件を満たす必要があります。

補助額は診断費用の半額から3分の2、または工事費用の最大5~20万円(マンションの場合は最大200~300万円)と様々ですが、耐震改修工事費用に補助金が出る所もありますので、ぜひ組み合わせて活用しましょう。

耐震診断のプロの構造設計事務所とは

構造設計事務所とは主に建築物の構造設計、構造計算、構造解析や耐震診断・補強設計を専門に行っている建築設計事務所のことです。
簡単にまとめると地震や積雪などにより建築物が倒壊しないように防ぐ建築設計を行う業務になります。

構造設計事務所は代表が構造設計一級建築士の有資格者であることがほとんどです。
構造設計一級建築士事務所は平成31年度4月1日現在で9,986名(日本建築士会連合会)しかおらず、かなり珍しい資格です。

平成18年12月改正建築士法により、構造設計一級建築士制度が創設されました。
この資格で取得していると一級建築士よりも高度な業務取り扱うことが可能です。

おわりに

大型地震への備えが注目されている昨今、耐震診断は今後多くの住宅で必要になると考えられます。

インスペクションとの違いを把握して、費用に余裕を持って確実な耐震診断と耐震改修工事を済ませておきましょう。

 

住宅診断メニュー

★下記の「私たちの住宅診断ポリシー」「選ばれる理由」もぜひご覧くださいませ!